★ お知らせ ★
 「なんまらほっかいどう。」のトップページを移転リニューアルしました。 
 ※この度のリニューアルに伴いURLが変更になりました。   2012年5月
2017年06月23日

普通に過ごす大切さ

麻央ちゃん亡くなりましたね
世の中の情勢にはあまり反応しないようにしている私ですが
今日はね・・・特別・・


芸能人が亡くなって泣いたのは私・・・うまれて初めてかも

ブログも更新されてなくすごく心配して
今朝も更新しているか確認した私

麻央ちゃんがブログ始めた頃
アサの弟も闘病生活に入ったせいか
勝手に身内のようにブログをみて心配したり安心したり

それに・・・私の親友の夫、ちっぱな父も麻央ちゃんと同じく
ガン摘出手術できないまま亡くなったのが9年前

私ね本当は「小林麻央」はあんまり好きじゃなかったの
さんまの恋のからさわぎ出てる頃もアナウンサーの頃も

理由は特になかった・・・なんとなく好きになれなかった
男受けしそうな人だから??
おちつきはなった喋り方とかあんまり好感がもてず

でもね・・・あらっ??この人って実はすごい??
と思ったのが・・・

何年か前に海老蔵一家のドキュメンタリー番組を見た時

海老造が生意気なこと言ったの
「俺様」っぽい発言

そしたら麻央ちゃんが否定も肯定もせず
じっと目を見て

「そうなの?・・ふーん」

そのとたん!!!「そっ・・そうだよ!!」と言いながら
海老蔵の黒目がグルングルン泳ぎ出したの

その時いや・・・この人(麻央ちゃん)の存在ってすごいんだなっ!!

それから麻央ちゃん見方が変わった私・・・
海老蔵一家のドキュメンタリー第2弾が翌年にあったんだけど
すごい楽しみにみたんだけど
なんか麻央ちゃんの雰囲気がすごく変わってどうしたのかな?と
思ってたらね・・・こんなことになっちゃった

ブログをみても彼女の強さと優しさがよくわかったよね
毎日毎日ブログ見て私も力つけられていたな

悲しいね・・・すごく残念・・・
もう・・・ブログ見れないと思うととても淋しい

写真ではどんどん弱っていくけど
末期なのもわかってるんだけど
あのブログ見てたらいつまでも生きていられるんじゃないかと
本気で思うこともあった

あ。。。思い出した・・・
ちっぱな父が天国に旅立った時
ちっぱな母が一番最初に言った言葉・・・

「本当に・・・死んじゃった・・・」

そう言う気持ちだったんだね

1ヶ月ほど前に海老蔵を批判するコメントを見た

麻央ちゃんが痛みで2日間ブログアップできなかった時に
海老蔵のブログにはジムでトレーニングした後の画像で
それに対して「こんな時にジムかよっ!!」みたな・・・

でもね・・・この批判した人は大切な人を失ったことがないんだね・・

闘病している人に一番大切なのは
「普段どおりの生活 みんながいつもどおりに生活すること」

ちっぱな父が余命は月単位と言われた時
カウンセラーがちっぱな母に言ったの
「こんな時に普通どおりなんてできるわけないしょ」と
ちっぱな母は怒りを通り越して自分の殻に閉じこもってしまった・・・

でも・・・月日がたち
ちっぱな父も余命宣告されてから1年3ヶ月頑張ってくれました
その生活の中で

「普段どおりの生活 みんながいつもどおりに生活すること」

患者本人が本当に望んでいることはこれなんだ
とちっぱな母も気づいたらしい

闘病中のある日ちっぱな母が5歳のちっぱなをスケートに連れて行った
「こんな時にスケートこなくても来年いくらでもこれるんだからぁ 
なにやってんのぉ少しでも(ちっぱな父と)一緒にいたらいいしょ」
と言ってしまった

でも・・・ちっぱな父は自分のせいで
ちっぱながやりたいことができないことが嫌だったのだ
だからちっぱな母も夫のために子供をスケートにつれてきたのだ

おばあちゃんが家にいるんだからちっぱな母がいなくても
ちっぱなのことは心配ない
だから親友も残り少ない時間夫と過ごしたかったはず
でもちっぱな父は自分のせいで5歳のちっぱなに淋しい思いさせたくないと
長くは病院にいさせなかった・・・

だから海老蔵だって本気でジムに行きたかったわけではないと思う
仕事だって休んで麻央ちゃんと一緒にいたかったと思う
でも麻央ちゃんがそれを嫌がったから
海老蔵はいつもどおりに生活して仕事もしてたんだと思う

もう。。。なんだか書いても書いても書ききれないよぉ

私も麻央ちゃんのブログで色々な心の栄養をもらいました
本当にありがとうございました
一時でもあなたのことあんまり好きじゃなかったこと
こころからお詫びします
そしてご冥福をお祈りします

コメント

コメントの投稿


≪前の記事へ | なんまら通信トップに戻る | 次の記事へ≫