FC2ブログ
 ★ お知らせ ★
 「なんまらほっかいどう。」のトップページを移転リニューアルしました。 
 ※この度のリニューアルに伴いURLが変更になりました。   2012年5月
2017年05月24日

咲いた咲いた・・・長い話しです・・・

みなさんこんにちわ!アサ妻です
私・・・すごくなーーー??
私まるで予言者のようじゃない?
やっぱりあの時・・・したねっ
時期的に命中じゃない??

くわしいことはこちらを・・・(

securedownload[1] (3)
話は本題に戻りますが・・・
ずっと咲かなかった「アヒルスイセン」が今年咲きました

IMG_2181.jpg

今年は・・・いつもはあんまり咲かない花がよく咲きます

白に赤い斑の入ったクリスマスローズも3年振り

IMG_2214.jpg

ば~さんが咲かせているのかしら・・・

いつもの春は・・・花が咲いたら

「ちょっと・・・チューリップさいたわ・・・」
「あのさ・・・ボタン・・つぼみついてるわ」

とばーさんに言うと・・・
ば~さんが寝転がってたソファーから起き上がり
一緒に庭に行く

今年は花やつぼみ・・・スズメバチを見つけても
報告する人がいないため・・・庭を見る回数も減りました


そうそう・・・先月・・・
うわぁぁぁぁぁぁ!!!虫ぃぃぃぃ

IMG_2137_201705222118099db.jpg

と思ったら・・・・

なんと!!サクラランのつぼみでしたぁぁぁぁ

このサクラランはば~さんの妹からもらったもの
実は15年前にももらっている
それがこちら!!

securedownload[1] (2)

はっぱ3枚くらいのもらってきた
しかし・・・何年たっても花が咲かずば~さん怒る怒る
おばの家では1年中咲いているのに
うちのは15年間で7年前に一房咲いただけ・・・

その後もあまりにかたくなに咲かなくて
ば~さんが「お前さんはオスだねっ
って怒って・・・ポインセチアの造花をぶっさしたの

それを見て3年前に叔母がまた
「これはうちで毎年咲いてる鉢」と小さいのをくれたの

それも3年まったくさかず・・・
花見ずして・・ば~さんは天国へ・・・

ところが・・・今年初めてつぼみがついた!!
やっぱ・・ば~さんのしわざかな・・・

かわいんだよねーーーサクララン
つぼみははじめは黒人の子供のちんちんみたいだけど

だんだんと・・・こんなふうに

IMG_2199_201705222104322b3.jpg

つるっつるっのきらっきらっ
エナメル風ですごく可愛い

しかし・・・開花すると・・・

securedownload[1]

嘘のようにベルベッティ~

ば~さんもあの世で手たたいて喜んでるかなぁ

最近はようやく「のんびりできてるかもぉ私
感じるようになりました・・・

ば~さんが亡くなって半年・・・
ようやく私の肩の大きな荷物がなくなったとホッとできるようになりました

あ”・・・勘違いされる表現かしら??
ば~さんの介護が私に負担をかけていたわけではないの
たしかにストレスにはなっていたけど・・・そんなものではない
もっと大きなものかな・・・

私ねずっと気をもんでいたことがあった

「もし!!私の方が先に死んだらばーさんのこと・・どうしよ・・・」

私には兄弟がいない
私以外ば~さんの面倒をみる人はいない
もし私がば~さんより先に死んだら・・
アサと2人で生活するなんてお互いに無理だろうし
だからといってば~さんは一人暮らしや有料老人ホームに
入所できるような収入はない

どんなことがあっても私はばーさんより先には死ねないんだ

常に思ってはいるけど・・・
人間なんていつどうなるかわからないしと思うと
生理前とかは無性に不安になったりした

今は・・・その不安が消えた分だけのんびりできるようになった

(ハートにしてみたぁ シモツケゴールドフレーム)

IMG_2221.jpg

ば~さんが亡くなって半年
お墓の雪もとけたし・・・

ようやく骨収めしてきました

ば~さんが亡くなってから何回もばーさんの夢見てるの
でもね・・・いつごろからか・・・
ばーさんとじーさんが必ず一緒に夢にでてくるようになった
そろそろ・・・あの世であえたのかな

べつにイチャイチャはしてないんだけど
2人ですごく楽しそうにしてて
私の方はぜんぜん見ないんだよね
不思議とわたしも・・・あらっまた二人でいるな
と・・・・遠くから見てる夢が多い

そろそろ・・・同じ場所に入れてあげましょう

話しはかわるようだけど・・・・
先日・・・アサ母が久しぶりに泊まりに来た
その時アサ母が私をびっくりしたように見ていた・・・

びっくりというか・・・あきれていたのか・・・

アサもよくあきれて私を見ている

それは私が啄木にする抱擁

IMG_2057_201705222156016e9.jpg

1日に3回は
「めんこのちょんこのぎゅぎゅぎゅぅ~
作詞作曲はもちろんアサ妻である・・・
「あ”あ”~抱っこしてギュ 抱っこしてギュ 
ぎゅぅぎゅぅぎゅぅぅぅ


啄木は嬉しい反面うっとうしそうにしている
私がちゅうをしようと口をとんがらかす
逃げようとする

私はもっと力を入れて抱きしめ
「はなして欲しい?したらママにペロして・・」
「あ”---そんなどうでもいいペロ・・・だめだ!!
もっかい愛情こもったペロして

この1連を見てあきれ返っているのである

でも啄木も私が忙しくて夕方になってもこの儀式がないと
催促するときもある

私は・・・最近よく思う・・・

私もじ~さんとば~さんにこうやって
育てられたなぁって


43年前・・・
ギューギューに抱きしめられて
「はなしてほしかったらママにチューして」
同じこと言ってるし・・・

「めんこくってめんこくってはなされないっ
それでも1回投げてみよっ~どんぶらっこどんぶらこ
どんぶらっこ・・・どぉぉぉぉぉんんん!!!」


と・・・じ~さんのところに投げられ
また同じ歌でば~さんの所に投げられる

時にはうっとうしくてホントに嫌な時もあったけど
愛されているのは子供ながらにわかっていたと思う

5歳の頃の私は子供というのはみんなが親にこうやって
抱擁されているもの
だと思っていた
ついでに・・・どこのお父さんの背中や肩にも
龍の絵が描かれているものだと思っていた

誰もが親からこんな動物的な抱擁をしてもらってる
わけではないと気づいたのはなんと3年前
私が児童デイで働いた時だった

へぇ・・・うちが異常だった??
そう言われてみれば・・・
アサ母もあんなことはしなさそう・・・
ってことはアサもされてなってことか・・・

でもアサ母は母親としてはうちのば~さんより
ずっと母親らしかったと思う

うちのばーさんみたく
お弁当つくりが苦手だからといって玉子焼きと目玉焼きを入れたり
おかずとしておばぎをお弁当箱に入れたりしなかったと思う

私が小学生の頃・・・平日しか休みのないばーさん
「いいから・・・たまに学校休んで街行ったってばちあたらないから」
といやがる私を無視して「えぇ・・・熱がありましてぇ・・・
学校に電話し・・・
デパート行って・・まるいさんでお子様ランチ食べて
学校休んだご褒美?に中島公園の子供の国に寄って
メリーゴーランドにのった・・・

家を出る時はものすごい罪悪感に押しつぶされそうなのに
最終的にはすごい楽しかった・・・

毎月ではないが・・・2ヶ月に1回くらいの親が勧める「ずるやすみ」

「学校で苦手な授業」

私はスキーだった・・・
超インドアのじ~さんバ~さんが予習で
私にスキーをさせるわけがないっ
普通の親なら克服するために
休みに日とかに一緒に練習に行くでしょ

うちのじ~さんは
「そんな嫌いなもの無理してやることない
スキー学習の時はママと街でもいってこい


ば~さんも
「そうだそうだ・・・スキーなんかできなくても義務教育は
卒業できる
しねハッハッハッ


なんて親だっ!!私は絶対こんな親はなりたくない
7歳の私は思ったが・・・

スキーなんかできなくても義務教育は卒業できる

まったくそのとおり・・・・と48歳の私はそう思う

うちの親は2人とも「不良」だった(笑)

一般常識から外れたこともしたし
夜の引越しの経験ある・・・あれも楽しかったなぁ

夫婦喧嘩も派手でガラスの灰皿飛んだり包丁床に刺さったり
私はいつも夫婦喧嘩のたびおびえて泣いていた
だから夫婦仲は悪いんだとずっと思っていた

しかし・・・じつは仲がよくて派手な喧嘩は
2人にとってアトラクションのような一種の娯楽であったと
気づいたのは自分が結婚してからである

でも・・・その時私は無性に腹がたった
ちょうどまた昔なら許されるが今はしては行けないこと
をしたりして私をハラハラさせていたこともあり

「あのさ・・・あの時私がどんなに怖かったかしってる?
そのトラウマがその後いろんなことに悪影響およぼしてるの知ってた?
子供の前では喧嘩しないでおこうとか親なら普通そう思わないかな?
あのね。。。子供は親を選べないんだよ
私だってもっと常識的でしっかりした家で育ちたかった
私は結婚してようやく幸せになれたと思ってる
それを邪魔するようなことしないでよ」


遠まわしに私は今まで不幸だったって言ってるようなもんだよね
じーさんもばーさんもその時はなんとも神妙な顔をした
あれは20年くらい前の話かな・・・

先日そんなことを思い出して悲しくなってしまった
なんてひどいこと言ったんだろう・・・私

もし・・・常識的でしっかりした家にうまれてたら
しっかり教育してもらい大学も行ってかもしれないけど
あんな抱擁はしてもらえなかったかもしれない

あの抱擁があったから私の今のキャラクターが
あるんだと今になれば思う


今思うと愛情たっぷりかけられて幸せ物だったよね
ちょっと普通と違う環境で育っただけ
それも今となれば・・・笑い話になっちゃったし

お墓に骨じ~さんのとなりに骨ば~さんを入れる時
感謝、訂正、お詫び全部心の中で言ってきた・・・

でもね・・・この二人とはまた会えるような気がしてならないの
多分私があの世に行く時二人そろって迎えにくるんだろうな・・・
あんまり早くはこなくていいよ
しばらくは二人で楽しんでてください

なんだかホッとしたような寂しいような納骨日
ご飯作るの面倒になったからマック買ってきた

securedownload[2]

「裏」を逆さまから見ると「糞」に見えるの私だけ??

コメント

誤字脱字のアサ妻さま。糞って見えるから「骨収め」と「幸せ物」になるんだべか?!
「なんまらほっかいどう」
「なんまら写真館」
「腹の手帳」
を死ブログに追い込んだ「物」はおだまり!
ハハハァ、ラブラブ💓だね❗️^_^
やっと・・・他人様が入ってきてくれたぁ(笑)

コメントの投稿


≪前の記事へ | なんまら通信トップに戻る | 次の記事へ≫